apple-iphone-launches-6

次期iPhone、来春発売か 中国サイトに「証拠写真」

apple-iphone-launches-6

ニューヨーク(CNNMoney) 中国のテクノロジー情報サイト「マイドライバーズ・ドットコム」がアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の次期モデルの発売時期を示すとみられる画像を掲載し、話題になっている。

画像には、中国最大の携帯電話会社「中国移動」が来年の販売計画についてプレゼンした際のものとみられる図が写っている。図には「4月以降」「未来のアップルiPhone7c」との文字が確認できる。

CNNMoneyでは、この画像が本物かどうかの確認はできていない。

これまでにもアップルが、新しいiPhoneを来年春に発売するとのうわさは出ていた。

うわさに火をつけたのは、KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチ・クオ氏が、画面サイズが4インチの新型iPhoneが来年発売されると予想したことだ。

クオ氏の予想では。来年末までにアップルは、新しい小型iPhoneを2000万~3000万台出荷するという。

アップルは2012年から13年にかけて、画面サイズが4インチのiPhoneを発売。このサイズは扱いやすいといまだに人気だ。

これまでの例に従えば、来年アップルはiPhone7を発売し、去年から今年にかけて発売された6と6s(画面サイズは4.7インチと5.5インチ)も価格を引き下げた上で販売は継続されるはずだ。だが4インチの5sはラインアップから消えることが決まっている。

もっとも問題の新製品がiPhone6cになるのか7cになるのかはアナリストの間でも意見が分かれる。この画像には7cとあるが、たとえ本物だったとしても、アップルが今の段階で通信会社に製品名を知らせているとは考えにくいという。

http://www.cnn.co.jp/tech/35075464.html

twitter-logo

ツイッター、140文字の制限を撤廃か

twitter-logow

ニューヨーク(CNNMoney)  短文投稿サイトを運営する米ツイッターが、140文字の字数制限撤廃を検討しているといううわさが5日、ツイッター上で浮上した。

IT情報サイトのRe/Codeは、ツイッターが3月末までに字数制限を緩和して1万文字に引き上げることを検討中と報じている。

創業者のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)の5日のツイートでは、この報道について肯定も否定もしなかった。

ドーシー氏が掲載した声明では140文字の字数制限について、「創造性と簡潔さをかき立てた。……その感覚は決して失わない」と言明。一方で、字数制限は最初からあったわけではなく、携帯電話のショートメールに合わせて初期に導入したものだと説明している。

しかしユーザーが思考を広げることができればもっと楽しんでもらえるかもしれないと同氏は指摘。「文字のスクリーンショット画像を投稿する人もい る。その文字が実際の文字だったらどうだろう」と問いかけ、「我々はユーザーのためにツイッターをもっと便利でパワフルなものにすることをいとわない」と した。

もし字数制限が1万文字になった場合、長文を分割して連続投稿する「ツイートストーム」の現象は消滅するのか。

「ツイートストームは大好きだ。あれはなくならない」とドーシー氏はコメントしている。

http://www.cnn.co.jp/tech/35075835.html